読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手が震えたらBARに行こう

駄文を吐き出して、今日もなんとか、元気に生きていこうと思います。twitterアカウントは、@tabunmuri255です。よろしくです。

railsにtwitter-bootstrap-railsを導入するまで

なかなかうまく行かずにハマってしまった。
まず注意しなければいけないのが、gemが

twitter-bootstrap-rails

twitter-bootstrap3-rails

で2種類存在しているということ。
こいつをうっかり、取り違えて操作をしていると、事故る。
詳細については、下記の記事にちゃんと書いてあるので、それを読んでもらうとして
Rails4でサイト構築をする – Bootstrap導入編 | TechRacho


下記のコマンドで、CSSとかJSを作成する。

$rails generate bootstrap:install static

insert  app/assets/javascripts/application.js
create  app/assets/javascripts/bootstrap.js.coffee
create  app/assets/stylesheets/bootstrap_and_overrides.css
create  config/locales/en.bootstrap.yml
gsub  app/assets/stylesheets/application.css

そして、レイアウトを差し替え
※fluidと書いてあるのは、レスポンシブ用

$rails g bootstrap:layout <レイアウト名> fluid

create  app/views/layouts/entrance.html.slim

これで、railsを起動している場合は、一旦、ctrl + cで落としてから再起動すれば効いてるはず。
やったぜ。

参考になったページtechracho.bpsinc.jp

マジで助かった。ありがとうございました。

マルチデバイス時代のWebデザインガイドブック

マルチデバイス時代のWebデザインガイドブック