読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手が震えたらBARに行こう

駄文を吐き出して、今日もなんとか、元気に生きていこうと思います。twitterアカウントは、@tabunmuri255です。よろしくです。

IDEA/RubyMineでrubocopを使う方法

rubocopってのは、ソースコードがコーディング規約に則しているか監視する為のツール

rubocop自身のgithubリポジトリはこちら
bbatsov/rubocop · GitHub


普段使っているのはIDEAなので、jetbrain製品で動かすときには、どうしたらええんじゃ。
ということで、調べてみると、

jetbrain製品用のプラグインがすでに存在しているっぽい
sirlantis/rubocop-for-rubymine · GitHub

インストール

上記のリンクを見てみると、こんなかんじに書かれてた。

Installation

Download the .zip
Got to the Plugins-Settings in your IDE (IDEA/RubyMine).
Click "Install plugins from disk..."
Select the ZIP
Restart the IDE
Wait a few seconds for the IDE to load and give Rubocop some time to inspect the current file.
Hover your mouse over highlighted issues to see the warning/error message.
You have to save a file to trigger re-validation of your file.


見る限り直接プラグインをダウンロードしてきて、入れないといけないっぽい。
DL先は、githubページにも書いてあるんだけれども、下記でリンクらしくて、ここから最新のzipを落としてきて、
あとは、pluginを入れる画面で、「Install plugins from disk...」をすれば良いっぽい。
Releases · sirlantis/rubocop-for-rubymine · GitHub

ちなみに、自分は、v2.0.0.rc1のバージョンを入れました。

おわり

【nitrous.io】We couldn't find a server running on this port – are you sure there is a server running?

下記みたいな画面が出て、なんか動かねーなーと思って調べてたら

f:id:kirin255:20150426023324p:plain

これを試してみろとのこと。

rails s -b 0.0.0.0

結果、動いた。

参考ページ
nitrousio - We couldn't find a server running on this port – are you sure there is a server running? Ruby on Rails at Nitrous.IO - Stack Overflow

HerokuではじめるRailsプログラミング入門

HerokuではじめるRailsプログラミング入門

Ruby on Rails 4 アプリケーションプログラミング

Ruby on Rails 4 アプリケーションプログラミング

railsでcakeで作ったパスワードを生成する方法

事のあらましとしては下記になります。

Cakeのwebサイトを作りました
↓
Railsに載せ替えをしました。
↓
Cake時代に作ったパスワードをそのままRailsで使いたいです。
↓
\(^o^)/

という事で、ググったら、Stack Over Flowに答えが書いてあった。
ruby - Generate CakePHP password in Rails - Stack Overflow
ありがとう、すごい人

やり方

下記のコードを書くと、一発で、パスワードにハッシュをかけた結果が出ます。

Digest::SHA1.hexdigest("#{salt}#{password}")

salt => CakeのCore.php内のSecurity.saltの値
password => パスワードの平文
これで、出来上がりです。
SHA1とかの部分は、各自いい感じにしてください。

ちなみに、自分は下記みたいに関数化して使ってます。

def self.cake_password_hasher(password)
    return Digest::SHA1.hexdigest("#{@salt}#{password}")
end

よかったー。

ちなみに、パスワードといえば、下記の本がやばかった。
ちょっと、厚めだけれども、各パスワード生成方式の仕組みなどが書いてあって、興味深かったです。

パスワード解析 完全版

パスワード解析 完全版

おすすめ。

Jetbrainの「Test RESTful Web Service」でbasic認証を突破する為の方法

結論 できる

f:id:kirin255:20150406192406p:plain

やり方

HTTPヘッダーにBasic認証用のコードを入れてやればできる。

まずは、下記のコードで、idの部分にidを入れて、passwordの部分にpassを入れて実行してやると、base64エンコードされたテキストが出来る。

php -r 'echo base64_encode("id:password");'

出来上がったら、Intellij Idea(webStorm, PyCharm, PhpStorm, RubyMine)のRestClientのHeadersに下記のようにパラメータを含めてやればOk

f:id:kirin255:20150406192406p:plain

Authorization : Basic <先のPHPで生成したコード>

これで、デバッグできるぞ!Enjoy!

参考にしたページ

http://techs-empty.tumblr.com/post/25560932267/basic-http-response-header-telnet

Webを支える技術 -HTTP、URI、HTML、そしてREST (WEB+DB PRESS plus)

Webを支える技術 -HTTP、URI、HTML、そしてREST (WEB+DB PRESS plus)

JavaによるRESTfulシステム構築

JavaによるRESTfulシステム構築

RESTful Webサービス

RESTful Webサービス

サバフェス(2015/03/27) まとめ

結論 大変に良い会で、実りがありました。
運営の方、お疲れ様でした。来年はもっと修行して出直します。


以下メモ

  • チューニングの方針は理解できるが、設定が全くわからん。修行が足りない事を実感
  • 去年、バーニングマンで、お会いしたバーナーの方と再会出来て、ちょっと嬉しかった。

→もっと、IT業界にバーナーが増えるといいよね(適当)

  • LTがとても面白かった
  • DBエンジンで最強はpercona(序列的には、percona > MariaDB > MySQL

LT資料

第1位「ZZZ」チーム


第2位「mapk0y」チーム

お仕事の都合で来られなかったらしいです。。。

第3位「MySQL Cluster クラスタ」チーム

www.slideshare.net

第4位「@ijin」チーム


その他に発表していただいたTL資料

www.slideshare.net
普通に面白かった。こういうプレゼンが出来るようになりたい。

www.slideshare.net
また、特に、びっくりしたのがこちら
MySQLMariaDBしか知らなかったんだけど、Perconaっていう新しいDBエンジンがあって、
上記のスライドだと、これが最強だという結論に。。。
この話が聞けただけでも、自分としては発見があって、非常に良かった。

会期中に出たリファレンスまとめ

@matsuuさんのLTがとても勉強になった。


ちょっと頑張ればできるけど、まぁ、めんどくさくて気分が乗らないから、やってないリスト

うぉー俺の器の小ささがバレるー。俺なんて、もう、小皿レベルですからね。醤油を入れるだけで精一杯っす。

ということで、思いついたことを列挙してきまーす。

深夜に、締めと称して朝まで屋台のおでん屋さんで飲む

おでんいいよね。
f:id:kirin255:20150322203256j:plain

ある飲み会の帰り、その時食った飯自身は、とても美味しかったのだが、少し炭水化物を食べたい感じがする。
そんな時、屋台のおでん屋さんとかに駆け込んで、とりあえず
「大根、卵、きんちゃく、ちくわ」
あたりを頼んで、朝方までグダグダ日本酒飲みながら無責任なこと言いまくりたい。
そんで、いい感じに出来上がって、まともな返事ができなくなったあたりで、タクシーでお家帰るパターン

ちなみに、以前仙台に所要があった時は、翌日用事があったにもかかわらず、下記のスワンという店で、朝3時ぐらいまで、おでんを食いながらグダグダした事がありました。
tabelog.com

この時は、仙台駅の近くのシティホテルに泊まっていたので、普通に歩いて帰りました。

段取りとかでダメ出しされないピクニック

f:id:kirin255:20110414131124j:plain

ほら、よくこういうピクニック的なイベントって、ゲストがいて失敗できなくて、結果楽しめないパターンあると思うんですよね。
だから、失敗しても許される人だけで、集まってピクニックやってみたいと思うんですよねー。
勝手にやるから、勝手に来てね。みたいな。お酒とか、食べ物とか勝手に持ってきてねみたいなやつ。
で、特に事前の取極めしなくても、いい感じに、まとまるようなピクニックね。

昼間からずっとビール飲みながら、ピクルス食べて、なくなったら、次、燻製肉食べて、
それで、時々、フリスビーとかで遊んで、疲れて、日が暮れてきたら、
今度火をおこして暖を取りながら、夕日見て、どこかで、疲れて勝手に椅子の上で寝る。
みたいなやつ。
あ、これバーニングマンの日常そのものや。。。。

スーパー銭湯併設施設で贅沢の限りを尽くす

スーパー銭湯たまに行くんですけど、併設施設はあんまり使わないからね。

f:id:kirin255:20130824222247j:plain

スーパー銭湯で、使い物にならなくなるまで溶けて、アカスリやって、マッサージを徹底的にやって、
併設施設で、好きなモノ食べて、そのあと、岩盤浴やって、休憩スペースでだらだらして、
それが終わったら、またお風呂入って、飽きた所で脱出!!というプランですな。
あああああっぁぁぁ、こんな恐れ多いプランできねえよ!(俺が小市民すぎる)

温泉に行って一人開発合宿する

これはやった。ノルマの設定も特にないし、好きなことを好きなだけやる。
この時は、代休を力いっぱい使いまくって、平日に実行した。
もちろん、宿についてから携帯電話の電源はずっと切りっぱなし。メールについては、そもそも開かない。
ランボー怒りの代休からの、沈黙の逃避である。

f:id:kirin255:20130803181056j:plain

まぁ、それで、しばらく集中して開発してきて疲れてくると、温泉は24時間あるから、気分転換にはちょうど良い気がします。
飯は、朝と夜に、超うまい飯がやってくるので、健康的。

f:id:kirin255:20150322213858j:plain
また、基本的にずっと、屋内にいて、お腹は空かないので、昼はなくても大丈夫かも。
これがまた、時々、ふと窓の外を見ると、癒やされるんすよね。
あの時の俺は怯えるものが多すぎた。

あ、ちなみにその時に行った宿はこちらでした。
www.zizakenoyado.com

プランは↓のやつで、だいたい8500円ぐらいだった気がします。
地酒の宿 中村屋 プランの詳細情報

ということで、こんなんどうですかね。
今年もよろしくお願いします。

centOS 6.5系にMariaDBをインストールする話。

MariaDBをインストールするぜ!

mariadb.repoを作成

ファイルを作成

touch /etc/yum.repos.d/mariadb.repo

中身を用意

vim /etc/yum.repos.d/mariadb.repo
[mariadb]
name = MariaDB
baseurl = http://yum.mariadb.org/10.0.17/centos6-x86
gpgkey=https://yum.mariadb.org/RPM-GPG-KEY-MariaDB
gpgcheck=1
enabled=1

バージョンは、下記よりお好みのバージョンをインストール。
http://yum.mariadb.org/
stableが入れておくのがいいと思います。
(ということで、今回は、10.0.17にしておきました。)

yumでインストール!!

$ yum install MariaDB-devel MariaDB-client MariaDB-server

コマンドを打ってみても、なんだかあんまりうまくいかない・・・。

読み込んだプラグイン:fastestmirror, security
インストール処理の設定をしています
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: ftp.iij.ad.jp
 * extras: ftp.iij.ad.jp
 * updates: ftp.iij.ad.jp
http://yum.mariadb.org/10.0.17777777/centos6-x86/repodata/repomd.xml: [Errno 14] PYCURL ERROR 22 - "The requested URL returned error: 404 Not Found"
他のミラーを試します。
依存性の解決をしています
--> トランザクションの確認を実行しています。

〜 略 〜

--> トランザクションの確認を実行しています。
---> Package keyutils-libs.i686 0:1.4-5.el6 will be インストール
---> Package mysql-libs.x86_64 0:5.1.73-3.el6_5 will be 不要
--> 依存性の処理をしています: libmysqlclient.so.16()(64bit) のパッケージ: 2:postfix-2.6.6-6.el6_5.x86_64
--> 依存性の処理をしています: libmysqlclient.so.16(libmysqlclient_16)(64bit) のパッケージ: 2:postfix-2.6.6-6.el6_5.x86_64
--> 依存性解決を終了しました。
エラー: パッケージ: 2:postfix-2.6.6-6.el6_5.x86_64 (@base)
             要求: libmysqlclient.so.16()(64bit)
            削除: mysql-libs-5.1.73-3.el6_5.x86_64 (@base)
                libmysqlclient.so.16()(64bit)
            次のものにより不要にされた: : MariaDB-compat-10.0.17-1.el6.i686 (mariadb)
                見つかりません
エラー: パッケージ: 2:postfix-2.6.6-6.el6_5.x86_64 (@base)
             要求: libmysqlclient.so.16(libmysqlclient_16)(64bit)
            削除: mysql-libs-5.1.73-3.el6_5.x86_64 (@base)
                libmysqlclient.so.16(libmysqlclient_16)(64bit)
            次のものにより不要にされた: : MariaDB-compat-10.0.17-1.el6.i686 (mariadb)
                見つかりません
問題を回避するために --skip-broken を用いることができません
 これらを試行できます: rpm -Va --nofiles --nodigest

こんなかんじになったので、下記を参考にして
CentOS 6.4にMariaDB 10をインストールする方法 | OpenMediaLabo Blog / Apple,カメラ,プラモデルの情報など

MySQL関連のライブラリが競合を起こしていると見て、削除!

$ yum remove mysql-libs-5.1.73-3.el6_5.x86_64
読み込んだプラグイン:fastestmirror, security
削除処理の設定をしています
依存性の解決をしています
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> Package mysql-libs.x86_64 0:5.1.73-3.el6_5 will be 削除
--> 依存性の処理をしています: libmysqlclient.so.16()(64bit) のパッケージ: 2:postfix-2.6.6-6.el6_5.x86_64
--> 依存性の処理をしています: libmysqlclient.so.16(libmysqlclient_16)(64bit) のパッケージ: 2:postfix-2.6.6-6.el6_5.x86_64
--> 依存性の処理をしています: mysql-libs のパッケージ: 2:postfix-2.6.6-6.el6_5.x86_64
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> Package postfix.x86_64 2:2.6.6-6.el6_5 will be 削除
--> 依存性の処理をしています: /usr/sbin/sendmail のパッケージ: cronie-1.4.4-12.el6.x86_64
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> Package cronie.x86_64 0:1.4.4-12.el6 will be 削除
--> 依存性の処理をしています: cronie = 1.4.4-12.el6 のパッケージ: cronie-anacron-1.4.4-12.el6.x86_64
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> Package cronie-anacron.x86_64 0:1.4.4-12.el6 will be 削除
--> 依存性の処理をしています: /etc/cron.d のパッケージ: sysstat-9.0.4-27.el6.x86_64
--> 依存性の処理をしています: /etc/cron.d のパッケージ: crontabs-1.10-33.el6.noarch
--> 新しい変更と依存性の解決を再開しています。
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> Package crontabs.noarch 0:1.10-33.el6 will be 削除
---> Package sysstat.x86_64 0:9.0.4-27.el6 will be 削除
--> 依存性解決を終了しました。

依存性を解決しました

=======================================================================================================================
 パッケージ             アーキテクチャ バージョン               リポジトリー                                      容量
=======================================================================================================================
削除:
 mysql-libs             x86_64         5.1.73-3.el6_5           @base                                            4.0 M
依存性関連での削除をします。:
 cronie                 x86_64         1.4.4-12.el6             @base                                            174 k
 cronie-anacron         x86_64         1.4.4-12.el6             @base                                             43 k
 crontabs               noarch         1.10-33.el6              @anaconda-CentOS-201303050102.x86_64/6.4         2.4 k
 postfix                x86_64         2:2.6.6-6.el6_5          @base                                            9.7 M
 sysstat                x86_64         9.0.4-27.el6             @base                                            825 k

トランザクションの要約
=======================================================================================================================
削除                 6 パッケージ

インストール済み容量: 15 M
これでいいですか? [y/N]y
パッケージをダウンロードしています:
rpm_check_debug を実行しています
トランザクションのテストを実行しています
トランザクションのテストを成功しました
トランザクションを実行しています
  削除中                  : sysstat-9.0.4-27.el6.x86_64                                                            1/6
  削除中                  : cronie-1.4.4-12.el6.x86_64                                                             2/6
  削除中                  : cronie-anacron-1.4.4-12.el6.x86_64                                                     3/6
  削除中                  : crontabs-1.10-33.el6.noarch                                                            4/6
  削除中                  : 2:postfix-2.6.6-6.el6_5.x86_64                                                         5/6
  削除中                  : mysql-libs-5.1.73-3.el6_5.x86_64                                                       6/6
  Verifying               : cronie-anacron-1.4.4-12.el6.x86_64                                                     1/6
  Verifying               : mysql-libs-5.1.73-3.el6_5.x86_64                                                       2/6
  Verifying               : sysstat-9.0.4-27.el6.x86_64                                                            3/6
  Verifying               : crontabs-1.10-33.el6.noarch                                                            4/6
  Verifying               : cronie-1.4.4-12.el6.x86_64                                                             5/6
  Verifying               : 2:postfix-2.6.6-6.el6_5.x86_64                                                         6/6

削除しました:
  mysql-libs.x86_64 0:5.1.73-3.el6_5

依存性の削除をしました:
  cronie.x86_64 0:1.4.4-12.el6         cronie-anacron.x86_64 0:1.4.4-12.el6       crontabs.noarch 0:1.10-33.el6
  postfix.x86_64 2:2.6.6-6.el6_5       sysstat.x86_64 0:9.0.4-27.el6

完了しました!

その後、再度コマンドを打ってみると。。

$ yum install MariaDB-devel MariaDB-client MariaDB-server

インストールがちゃんと走りました。

読み込んだプラグイン:fastestmirror, security
インストール処理の設定をしています
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: ftp.iij.ad.jp
 * extras: ftp.iij.ad.jp
 * updates: ftp.iij.ad.jp
mariadb                                                                                        | 2.9 kB     00:00
依存性の解決をしています
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> Package MariaDB-client.i686 0:10.0.17-1.el6 will be インストール

〜略〜

--> 依存性解決を終了しました。

依存性を解決しました

======================================================================================================================
 パッケージ                       アーキテクチャ       バージョン                         リポジトリー           容量
======================================================================================================================
インストールしています:
 MariaDB-client                   i686                 10.0.17-1.el6                      mariadb                11 M
 MariaDB-devel                    i686                 10.0.17-1.el6                      mariadb               6.4 M
 MariaDB-server                   i686                 10.0.17-1.el6                      mariadb                44 M
依存性関連でのインストールをします。:
 MariaDB-common                   i686                 10.0.17-1.el6                      mariadb                23 k
 MariaDB-compat                   i686                 10.0.17-1.el6                      mariadb               2.6 M
 audit-libs                       i686                 2.3.7-5.el6                        base                   72 k
 cracklib                         i686                 2.8.16-4.el6                       base                   70 k
 db4                              i686                 4.7.25-18.el6_4                    base                  580 k
 glibc                            i686                 2.12-1.149.el6_6.5                 updates               4.3 M
 keyutils-libs                    i686                 1.4-5.el6                          base                   20 k
 krb5-libs                        i686                 1.10.3-33.el6                      base                  773 k
 libaio                           i686                 0.3.107-10.el6                     base                   21 k
 libcom_err                       i686                 1.41.12-21.el6                     base                   37 k
 libgcc                           i686                 4.4.7-11.el6                       base                  113 k
 libselinux                       i686                 2.0.94-5.8.el6                     base                  109 k
 libstdc++                        i686                 4.4.7-11.el6                       base                  301 k
 ncurses-libs                     i686                 5.7-3.20090208.el6                 base                  251 k
 nss-softokn-freebl               i686                 3.14.3-22.el6_6                    updates               157 k
 openssl                          i686                 1.0.1e-30.el6_6.5                  updates               1.5 M
 pam                              i686                 1.1.1-20.el6                       base                  660 k
 perl-DBI                         x86_64               1.609-4.el6                        base                  705 k
 zlib                             i686                 1.2.3-29.el6                       base                   73 k

トランザクションの要約
======================================================================================================================
インストール        22 パッケージ

合計容量: 73 M
総ダウンロード容量: 64 M
インストール済み容量: 91 M
これでいいですか? [y/N]y
パッケージをダウンロードしています:
(1/5): MariaDB-10.0.17-centos6-i686-client.rpm                                                 |  11 MB     00:04
(2/5): MariaDB-10.0.17-centos6-i686-common.rpm                                                 |  23 kB     00:00
(3/5): MariaDB-10.0.17-centos6-i686-compat.rpm                                                 | 2.6 MB     00:08
(4/5): MariaDB-10.0.17-centos6-i686-devel.rpm                                                  | 6.4 MB     01:43
(5/5): MariaDB-10.0.17-centos6-i686-server.rpm                                                 |  44 MB     00:16
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
合計                                                                                  482 kB/s |  64 MB     02:15
rpm_check_debug を実行しています
トランザクションのテストを実行しています
トランザクションのテストを成功しました
トランザクションを実行しています
  インストールしています  : libgcc-4.4.7-11.el6.i686                                                             1/22

〜略〜

  インストールしています  : MariaDB-server-10.0.17-1.el6.i686                                                   22/22
chown: cannot access `/var/lib/mysql': そのようなファイルやディレクトリはありません
150308 21:03:46 [Note] InnoDB: Using mutexes to ref count buffer pool pages
150308 21:03:46 [Note] InnoDB: The InnoDB memory heap is disabled
150308 21:03:46 [Note] InnoDB: Mutexes and rw_locks use GCC atomic builtins
150308 21:03:46 [Note] InnoDB: Memory barrier is not used
150308 21:03:46 [Note] InnoDB: Compressed tables use zlib 1.2.3
150308 21:03:46 [Note] InnoDB: Using Linux native AIO
150308 21:03:46 [Note] InnoDB: Not using CPU crc32 instructions
150308 21:03:46 [Note] InnoDB: Initializing buffer pool, size = 128.0M
150308 21:03:46 [Note] InnoDB: Completed initialization of buffer pool
150308 21:03:46 [Note] InnoDB: The first specified data file ./ibdata1 did not exist: a new database to be created!
150308 21:03:46 [Note] InnoDB: Setting file ./ibdata1 size to 12 MB
150308 21:03:46 [Note] InnoDB: Database physically writes the file full: wait...
150308 21:03:46 [Note] InnoDB: Setting log file ./ib_logfile101 size to 48 MB
150308 21:03:46 [Note] InnoDB: Setting log file ./ib_logfile1 size to 48 MB
150308 21:03:46 [Note] InnoDB: Renaming log file ./ib_logfile101 to ./ib_logfile0
150308 21:03:46 [Warning] InnoDB: New log files created, LSN=45781
150308 21:03:46 [Note] InnoDB: Doublewrite buffer not found: creating new
150308 21:03:46 [Note] InnoDB: Doublewrite buffer created
150308 21:03:46 [Note] InnoDB: 128 rollback segment(s) are active.
150308 21:03:46 [Warning] InnoDB: Creating foreign key constraint system tables.
150308 21:03:46 [Note] InnoDB: Foreign key constraint system tables created
150308 21:03:46 [Note] InnoDB: Creating tablespace and datafile system tables.
150308 21:03:46 [Note] InnoDB: Tablespace and datafile system tables created.
150308 21:03:46 [Note] InnoDB: Waiting for purge to start
150308 21:03:46 [Note] InnoDB:  Percona XtraDB (http://www.percona.com) 5.6.22-72.0 started; log sequence number 0
150308 21:03:46 [Note] InnoDB: FTS optimize thread exiting.
150308 21:03:46 [Note] InnoDB: Starting shutdown...
150308 21:03:48 [Note] InnoDB: Shutdown completed; log sequence number 1616697
150308 21:03:48 [Note] InnoDB: Using mutexes to ref count buffer pool pages
150308 21:03:48 [Note] InnoDB: The InnoDB memory heap is disabled
150308 21:03:48 [Note] InnoDB: Mutexes and rw_locks use GCC atomic builtins
150308 21:03:48 [Note] InnoDB: Memory barrier is not used
150308 21:03:48 [Note] InnoDB: Compressed tables use zlib 1.2.3
150308 21:03:48 [Note] InnoDB: Using Linux native AIO
150308 21:03:48 [Note] InnoDB: Not using CPU crc32 instructions
150308 21:03:48 [Note] InnoDB: Initializing buffer pool, size = 128.0M
150308 21:03:48 [Note] InnoDB: Completed initialization of buffer pool
150308 21:03:48 [Note] InnoDB: Highest supported file format is Barracuda.
150308 21:03:48 [Note] InnoDB: 128 rollback segment(s) are active.
150308 21:03:48 [Note] InnoDB: Waiting for purge to start
150308 21:03:48 [Note] InnoDB:  Percona XtraDB (http://www.percona.com) 5.6.22-72.0 started; log sequence number 1616697
150308 21:03:48 [Note] InnoDB: FTS optimize thread exiting.
150308 21:03:48 [Note] InnoDB: Starting shutdown...
150308 21:03:50 [Note] InnoDB: Shutdown completed; log sequence number 1616707

PLEASE REMEMBER TO SET A PASSWORD FOR THE MariaDB root USER !
To do so, start the server, then issue the following commands:

'/usr/bin/mysqladmin' -u root password 'new-password'
'/usr/bin/mysqladmin' -u root -h Team-N.localdomain password 'new-password'

Alternatively you can run:
'/usr/bin/mysql_secure_installation'

which will also give you the option of removing the test
databases and anonymous user created by default.  This is
strongly recommended for production servers.

See the MariaDB Knowledgebase at http://mariadb.com/kb or the
MySQL manual for more instructions.

Please report any problems at http://mariadb.org/jira

The latest information about MariaDB is available at http://mariadb.org/.
You can find additional information about the MySQL part at:
http://dev.mysql.com
Support MariaDB development by buying support/new features from MariaDB
Corporation Ab. You can contact us about this at sales@mariadb.com.
Alternatively consider joining our community based development effort:
http://mariadb.com/kb/en/contributing-to-the-mariadb-project/

  Verifying               : openssl-1.0.1e-30.el6_6.5.i686                                                       1/22
  Verifying               : MariaDB-compat-10.0.17-1.el6.i686                                                    2/22
  Verifying               : keyutils-libs-1.4-5.el6.i686                                                         3/22
  Verifying               : perl-DBI-1.609-4.el6.x86_64                                                          4/22
  Verifying               : MariaDB-devel-10.0.17-1.el6.i686                                                     5/22
  Verifying               : audit-libs-2.3.7-5.el6.i686                                                          6/22
  Verifying               : pam-1.1.1-20.el6.i686                                                                7/22
  Verifying               : glibc-2.12-1.149.el6_6.5.i686                                                        8/22
  Verifying               : zlib-1.2.3-29.el6.i686                                                               9/22
  Verifying               : ncurses-libs-5.7-3.20090208.el6.i686                                                10/22
  Verifying               : MariaDB-client-10.0.17-1.el6.i686                                                   11/22
  Verifying               : db4-4.7.25-18.el6_4.i686                                                            12/22
  Verifying               : libselinux-2.0.94-5.8.el6.i686                                                      13/22
  Verifying               : MariaDB-server-10.0.17-1.el6.i686                                                   14/22
  Verifying               : krb5-libs-1.10.3-33.el6.i686                                                        15/22
  Verifying               : cracklib-2.8.16-4.el6.i686                                                          16/22
  Verifying               : nss-softokn-freebl-3.14.3-22.el6_6.i686                                             17/22
  Verifying               : libstdc++-4.4.7-11.el6.i686                                                         18/22
  Verifying               : libcom_err-1.41.12-21.el6.i686                                                      19/22
  Verifying               : MariaDB-common-10.0.17-1.el6.i686                                                   20/22
  Verifying               : libgcc-4.4.7-11.el6.i686                                                            21/22
  Verifying               : libaio-0.3.107-10.el6.i686                                                          22/22

インストール:
  MariaDB-client.i686 0:10.0.17-1.el6    MariaDB-devel.i686 0:10.0.17-1.el6    MariaDB-server.i686 0:10.0.17-1.el6

依存性関連をインストールしました:
  MariaDB-common.i686 0:10.0.17-1.el6                         MariaDB-compat.i686 0:10.0.17-1.el6
  audit-libs.i686 0:2.3.7-5.el6                               cracklib.i686 0:2.8.16-4.el6
  db4.i686 0:4.7.25-18.el6_4                                  glibc.i686 0:2.12-1.149.el6_6.5
  keyutils-libs.i686 0:1.4-5.el6                              krb5-libs.i686 0:1.10.3-33.el6
  libaio.i686 0:0.3.107-10.el6                                libcom_err.i686 0:1.41.12-21.el6
  libgcc.i686 0:4.4.7-11.el6                                  libselinux.i686 0:2.0.94-5.8.el6
  libstdc++.i686 0:4.4.7-11.el6                               ncurses-libs.i686 0:5.7-3.20090208.el6
  nss-softokn-freebl.i686 0:3.14.3-22.el6_6                   openssl.i686 0:1.0.1e-30.el6_6.5
  pam.i686 0:1.1.1-20.el6                                     perl-DBI.x86_64 0:1.609-4.el6
  zlib.i686 0:1.2.3-29.el6

完了しました!

その後

ちなみにその後は、下記コマンドで起動

/etc/init.d/mysql start

初期設定は、下記コマンドで言われたとおりに設定を行っていけばOK

mysql_secure_installation


やったぜ。